火傷の応急処置や治療

生活をしていて、火傷をしてしまうこともあります。
最初にすることはまず冷やすことです。
すぐに冷たい水で冷やしましょう。

エキサイトニュースの情報を提供中です。

衣服を着ている部位が火傷した場合には、そのままの状態で冷やすようにしましょう。

衣服を脱いでしまうと、患部の皮膚が衣服にくっついて剥がれてしまうこともあるので、そのままで冷やすようにしましょう。

冷やすことで、火傷の悪化をある程度食い止める効果が期待でき、痛みなども冷やすことで、少し軽減する効果も期待することができます。

人気な火傷治療情報は信頼性が高く、好評です。

また、水ぶくれができてしまう場合もありますが、水ぶくれが破けないように注意しましょう。

水ぶくれは、火傷により傷口を保護してくれるため、むやみに破ったりするのはいけません。

火傷がひどい場合などは、応急処置をした後、放置せずにすぐに医療機関で診察、治療をしてもらうようにしましょう。

軽症の場合には、自然治癒することもありますが、重症の場合には医師による治療を受ける必要や、場合によっては手術が必要なこともあります。
軽症の場合でも、自分の判断を過信せずに病院で診察を受けて治療をしてもらうことも大切なことだといえます。また、部位によっても、状態が軽症か重症かによっても冷やす時間や、冷やし方なども違いがあります。



状況をよく判断して、流水にあてて冷やしたり、氷水などに浸したタオルなどをあてたり、保冷剤を活用してみたりと、部位によっては工夫して応急処置するようにしましょう。