ハクビシン対策と駆除

subpage01

ハクビシンは環境適応能力が高い為に郊外の地域だけでなく、都市部にも住みつきます。



建物に住みつく場合屋根裏などに侵入してそのまま住みついてしまいます。
ハクビシンが住みついてしまうと糞などによる建物への被害だけでなく、衛生的に問題が発生するので建物に住む人や利用する人の健康被害に繋がる事もあります。

Yahoo!知恵袋についての情報をお探しの方は必見です。

もしハクビシンが建物に住みついている事がわかった場合は駆除業者に依頼して駆除をするべきです。
自分で勝手に駆除をするのは危険も伴いますし、鳥獣保護法に違反する可能性があるので駆除業者に相談してから対処するべきです。

業者に住みついたハクビシンを駆除してもらって終わりではなく、その後住みつかないようにハクビシン対策をする事が大切です。



まずハクビシンが侵入できる経路を塞ぐ事が大切です。


侵入口は自分では見つけられない事もあるので、駆除業者に駆除してもらう時にハクビシンの侵入口がどこなのか教えてもらうと良いです。
さらにハクビシンが住みつく条件の一つとして食料の調達がしやすい場所というのがあります。


ハクビシンが住みにくい環境を作る為に建物の近くにゴミ捨て場設置しないようにしたり、ゴミ捨て場の撤去ができない場合はネットやフェンスで囲むなどの対策が効果的です。
またハクビシン対策として薬剤などを散布する事もできるので、ハクビシンが住みついてからではなくその前の段階でハクビシン対策を駆除業者に依頼するのも良いです。