自分でできるハクビシン対策

subpage1

ハクビシンとは、ネコ目ジャコウネコ科に属する動物で、額から鼻にかけて白い線があるのが特徴です。運動能力が高く木登りを得意としていて、垂直に1m以上跳ぶことができます。
雑食ですが、糖度の高い果実を好むため、果樹園の被害が多いですが、生ごみから餌を探しに郊外に現れることもあり被害が出ています。



一般家庭の被害としては、屋根裏に住みつき、糞による悪臭や生ごみを食い散らかすなどが挙げられます。このような被害を防ぐためのハクビシン対策として、餌場を作らせないことと寝床を作らせないことが重要です。
餌場を作らせないためには、ごみを庭や玄関に放置しないようにします。

生ごみは匂いが外に漏れないように袋を2重にし、ペットボトルや缶は洗うなどのひと手間が必要です。

寝床を作らせないためには、身を隠せないように建物周辺の雑草を刈ったり、壁に大きな穴がある場合は、塞ぐようにします。

詳しく知りたいOKWaveに関する疑問にお答えします。

それでも、家にハクビシンが出てしまった場合、具体的なハクビシン対策として効果的な方法は、忌避剤を寝床や侵入経路に使用します。



コツとしては、侵入口から遠い場所から順に設置していくと効果的です。また、ニンニクや石油系の匂いが苦手という特性を活かして、手作りの忌避剤を作ることもできます。


捕獲器を使用するという方法もありますが、ハクビシンは鳥獣保護法で保護されているため、自治体に問い合わせてから実施しないといけないので、自分で行うハクビシン対策としてはあまり向きません。

知りたい生活事情

subpage2

ハクビシンは環境適応能力が高い為に郊外の地域だけでなく、都市部にも住みつきます。建物に住みつく場合屋根裏などに侵入してそのまま住みついてしまいます。...

next

ためになる情報

subpage3

ハクビシンは最近人間の住むところに出てきて被害を与えています。家の隙間から入り込んでみたり、田畑を荒らしたりするのが問題になっているのです。...

next

身に付けたい知識

subpage4

夕方になると日本中の空でコウモリが飛んでいるところを目撃することができます。このコウモリはアブラコウモリという種類に分類され、基本的には市街地を中心に生息しています。...

next

最新考察

subpage5

日本各地の都市部で夕暮れ時になると飛んでいるコウモリはアブラコウモリという種類のものです。アブラコウモリは主に住居の屋根裏や建設物の隙間に巣を作る習性があるため、家コウモリとも呼ばれます。...

next