屋根裏などのコウモリ撃退方法

subpage01

日本各地の都市部で夕暮れ時になると飛んでいるコウモリはアブラコウモリという種類のものです。


アブラコウモリは主に住居の屋根裏や建設物の隙間に巣を作る習性があるため、家コウモリとも呼ばれます。

アブラコウモリの主食は蚊や稲に被害をもたらすウンカなどの小型の昆虫です。

人間にとって害となる虫を食べてくれるので益獣としての性質があります。



一方住居の屋根裏などに巣を作ると様々な被害をもたらすため駆除が必要です。

エキサイトニュースの基礎知識をご説明をしたいと思います。

アブラコウモリは通常で数頭から60頭ほどのコミュニティを形成し、多い場合には200頭を超えることもあります。
多数のアブラコウモリが屋根裏などに巣を作り大量の糞尿をまき散らすと、悪臭が発生したりダニなどの害虫を呼び寄せます。
さらに騒音の被害も深刻です。

コウモリ撃退は基本的に追い出しにより行います。プロの駆除業者でも基本的に捕獲や命を奪うようなことはしません。その理由はアブラコウモリが鳥獣保護法によって保護されており、捕獲などが禁止されるからです。


生態系や農林水産業に被害をもたらす野生動物を捕獲するには環境大臣や都道府県知事の許可が必要です。

通常、駆除業者は許可を得て活動してます。

もちろん自分でコウモリ撃退を計画し、実行することも可能です。
その場合には追い出しの他に清掃や消毒、忌避剤の散布に侵入経路の封鎖まで自ら行うことになります。



コウモリ撃退には一定の技術と経験が求められるので、プロの駆除業者に任せるのが簡単な方法です。