コウモリ撃退するには

subpage01

夕方になると日本中の空でコウモリが飛んでいるところを目撃することができます。



このコウモリはアブラコウモリという種類に分類され、基本的には市街地を中心に生息しています。意外なことに人家のあまりない山間部には生息していません。

蚊やユスリカなどの小型の昆虫を主食としています。

NAVERまとめの情報を幅広く扱っているサイトです。

稲の害虫であるウンカも食べてくれます。


そのため益獣としての側面もありますが、家屋の屋根裏などに侵入して巣を形成し、フンなどをまき散らすため駆除が必要になります。


一般的に駆除業者のコウモリ撃退法としては追い出しが行われ、命を奪うことはありません。

その理由は鳥獣保護法にあります。


鳥獣保護法では原則として鳥類と哺乳類に属する野生動物が保護の対象とされているため、その要件に該当するコウモリは捕獲などを行うことができません。



狩猟により捕獲する場合や、生態系や農林水産業に被害が出ており環境大臣または都道府県知事の許可を得た場合には捕獲することが可能です。


コウモリ撃退を行う駆除業者も許可を受けて営業しています。

野生のコウモリには病原菌などが付着している場合があります。

また駆除業者はコウモリを追い出すだけでなくフンなどの清掃や消毒、侵入口の封鎖なども行ってくれます。


さらに忌避剤を撒いて再びコウモリがやって来ないようにすることもできます。

コウモリが屋根裏などに住み着いた場合には、個人でコウモリ撃退を行うよりも駆除業者に依頼した方が合理的です。