ハクビシン対策で大切なこと

subpage01

ハクビシンは最近人間の住むところに出てきて被害を与えています。

家の隙間から入り込んでみたり、田畑を荒らしたりするのが問題になっているのです。
ハクビシン対策として、どのようにすれば被害を未然に防げるのでしょうか。
有効なハクビシン対策として寝る場所を与えないことです。昼間は建物の天井裏にいたりするので、入り込めないようにする工夫が必要となります。

家に入ってくる道をふさげば被害を減らせるでしょう。
ハクビシンは木の上で暮らす生物なので、簡単に高いところに上がってきてしまいます。



庭に木があってそれが家に到達しているような時は思い切って木を切ってしまうことも対策に繋がるでしょう。


木や物影がないところを好まない性質なのでそれを利用するのも良いです。


ハクビシンがなぜやってくるかというと餌を得るところがあるためといえます。
農作物が残っていると取りに来てしまうのです。

目につくところには置かず、完全に収穫してしまうとよいでしょう。

夜に活動することもあるので道具を使って農作物を取られないようにしておくとよいです。ハクビシン対策には侵入を防ぐフェンスや電気柵、近づかせない効果がある薬剤や、いっそとらえてしまう捕獲器が有効です。


フェンスだけだと高いジャンプ力があるため、侵入を許してしまいます。

毎日新聞情報は見逃せません。

電気柵で補うしかないでしょう。



夜行性の動物のため、青色LEDを使うと逃げていくということも利用できます。
ハクビシンの動きを阻害するような障害物を多数置くと近寄れなくなり効果が高いです。